休み期間中に安い合宿免許プランを探す裏技

合宿免許利用者の多くは大学や専門学校に通う学生です。

このため、学校が休みの時期になると繁忙期で料金が割高になってしまいます。

水原自動車学校に関する情報を紹介するサイトです。

学生の方が合宿免許を利用する場合には、学校の授業が休講になる春・夏または年末年始のいずれかの時期を選択せざるを得ません。

これらの時期の中で、特に3月と7月~9月上旬はどの教習所を選んでも料金が高額になってしまいます。

学校が休みの時期を活用して合宿免許に参加する場合、繁忙期の期間でも相対的に料金が少し低めに設定された時期を狙うことで費用を抑えることが可能です。

3月中や夏休み期間中は日本中どの教習所を選んでも割増料金です。

ところが1月~2月下旬の時期であれば、教習所によって料金が安いケースがあります。
基本的に12月後半~3月末までは合宿免許の繁忙期ですが、1月後半~2月前半の時期は利用者が減少するので一部の教習代では料金が安めに設定されています。1月下旬は“ミニ閑散期”に相当するため、1月上旬から下旬にかけての時期に値下がりし、2月上旬から下旬にかけて値上がりします。


2月上旬から下旬にかけての時期はミニ閑散期から繁忙期に変化する過渡期にあたり、教習所ごとに料金に大きな差が生じます。

この時期は、入校日が同じ日でも教習所によって数万円もの差が開くケースもあります。

2月は一部の学校は後期の試験が終了して春休み期間に入る時期です。



可能であれば2月中に安いプランを探して合宿免許に参加することで、休み期間中でも比較的安めの料金で免許が取得できる場合があります。