合宿免許のメリット及びデメリットについて

自動車運転免許を取得する場合、通常は住居地の近辺にある自動車教習所に通うことになります。

しかし、この方法では運転免許を取得するまでに少なくても一か月以上の期間が必要となってしまいます。

どうしても短期間で運転免許を取得したいのであれば、必然的に『合宿免許』に参加することになるでしょう。
合宿免許は文字通り合宿しながら運転免許を取得する方法です。



この方法には様々なメリットが存在しています。何と言っても合宿免許最大のメリットは『短期間での運転免許取得が可能』です。
前述のとおり、地方の教習所に泊まり込みで通うこの方法は、最短で二週間程度での運転免許取得を可能とします。

また、地方の交通量の少ない公道などで路上教習を受けることが出来ますので、精神的な余裕をもって運転技術を習得していくことが可能となります。
また、料金面でのメリットもあります。

シーズンオフに参加した場合には普通に教習所に通うよりも低価格での運転免許取得が可能となるのです。
このように様々なメリットがあるのですが、当然デメリットも忘れてはいけません。

合宿免許の一番のデメリットは『平日の自由時間は殆ど無い』というものです。これは最大のメリットである『短期間での運転免許所得』に関わるものです。



つまり、短期間での運転免許取得を可能とするためには平日は基本的に朝から晩までの教習によるものなのです。

つまり詰め込みによって必要な教習を短期間で終わらせることにより、短期間での運転免許を取得することができるのです。
もしも合宿免許に参加を希望するのであれば、これらのメリット、デメリットをよく考慮して決めることが大事なのです。